ServersMan@VPS(DTI)に初心者がプロキシサーバーを立ててみた。

ServersMan@VPS(DTI)

 

最近無料VPNや有料プロキシを利用する事があり、少しずつ知識が増えてきた所で有料のVPSを借りてそこに自分でプロキシサーバーを立てられる事を知り今回初めて挑戦してみました。

 

VPNやプロキシの事は何となく分かってるだけで殆どド素人なので結構苦労しましたがどうにかプロキシサーバーを立てる事が出来たので、ここに記したいと思います。

 

既に知識をお持ちの方は見ても何も得られないと思います(笑)

 

 

ServersMan@VPSとは?

まず今回挑戦するにあたって、もし万が一出来なかった事を考え一番料金の安いServersMan@VPSを選択しました。

 

Petitプラン Entryプラン Standardプラン

Proプラン

事務手数料 0円
月額料金 350円 467円 934円 1886円
メモリ 256MB 1GB 2GB 4GB
ディスク容量 5GB 50GB 100GB 200GB

 

選択したプランは勿論Petitプランです。

 

月額350円になっていますが、最初の2ヵ月は300円だそうです。(Petitプランは最低利用期間が2ヵ月なので600円+消費税が掛かります)

 

それで単純に料金でPetitプランを選んだんですが、ディスク容量はともかく、メモリが256MBだと通信が遅くなるのか?とも思ったのですがどうなんでしょうか?

 

正直今でも分かっていないのですが、使用した感覚で言うとプロキシサーバーを経由しているとは思えない程に速いので私には256MBで何も問題ありませんでした。

 

なので私のように試しにプロキシサーバーを立ててみたいという方はPetitプランで良いと思います。

 

 

ServersMan@VPSの契約方法

ServersMan@VPSの契約方法を簡単に説明します。

 

まず下記のリンクバナーからServersMan@VPSの公式ページを開きます。

 

 

ServersMan@VPSの公式ページを開き、少し下にスクロールすると「ServersMan@VPS」のお申し込みはこちらと書かれたリンクボタンがあるので開きます。

 

ServersMan@VPS(DTI)

 

開くと下記画像のページになるので登録するメールアドレスを入力し規約・約款に同意の上申し込むをクリックして下さい。

 

ServersMan@VPS(DTI)

 

すると入力したメールアドレスに確認のメールが届くのでメールに記載されているURLをクリックして下さい。

 

ServersMan@VPS(DTI)

 

URLをクリックするとプランの選択画面が現れるのでご希望のプランにチェックを入れて次へをクリックします。

 

ServersMan@VPS

 

次へをクリックすると個人情報や支払い方法の入力画面になりますので順番に入力していき登録を完了させて下さい。

 

ServersMan@VPS

 

登録が完了するとご入会ありがとうございますという件名のメールが届きます。

 

ServersMan@VPS

 

続いてはいよいよプロキシサーバーを立てていきます。

 

 

ServersMan@VPSでプロキシサーバーを立てる

登録が終わったところで早速プロキシサーバーを立てていきますが、私はこの時点でちょっとつまずきました。

 

「VPSサーバーにはどうやって入るんだろう・・」って。

 

事前におおまかなやり方は確認していたのですが、何を使うのか分からなかったんです。

 

てっきりVPSサーバーで用意してあってそこから弄るものだと・・

 

でもちょっと調べてみたら自分でターミナルというものをダウンロードしないといけない事が分かり、Tera Termなるものをダウンロードしました。

 

Tera Termのダウンロードはこちらから

 

ダウンロード・インストールが終わるとデスクトップ上にTera Termのアイコンが現れるので起動します。

 

ServersMan@VPS

 

起動すると上記画像の画面になります。

 

入力するのはホストTCPポートの二個所。

 

何を入力するかと言うとServersMan@VPS登録完了時に送られたメール内に記載されているVPSサーバ情報を入力します。

 

ServersMan@VPS

 

上記画像の通り、IPアドレス(IPv4)欄にあるIPアドレスをホスト部分のボックスに、SSH用ポート番号欄にある数字をTCPポート部分のボックスにそれぞれ入力し、OKをクリックします。
OKをクリックすると下記画面が現れます。

 

ServersMan@VPS

 

ここで入力するのも2箇所。ユーザ名パスフレーズ

 

入力する情報は先程と同じくメールに記載されているVPSサーバ情報内の、IDとパスワードになります。

 

ユーザ名にroot、パスフレーズにrootユーザパスワードを入力し、OKをクリックして下さい。

 

ServersMan@VPS

 

ログインが成功すると下記のような画面になるはずです。

 

ServersMan@VPS

 

まずこの画面でsquidなるものをインストールします。

 

yum -y install squid

 

このコマンドをコピーして右クリックで貼り付け→Enterでインストールが開始されます。(数分掛かります)

 

Complete!と表示されたらインストール完了です。

 

次に下記をコピーして右クリック→Enterを押します。

 

vi /etc/squid/squid.conf

 

すると下記の画面になります。

 

ServersMan@VPS

 

この画面内に必要情報を追記する事でプロキシサーバーを立てられるようになるみたいですが、まず最初に思ったのが「どうやって編集(追記)するんだ!?」って事。

 

ただクリックしてキーボード叩いたりコピペは出来ないんですね。

 

で、ちょっと調べたら入力モードっていうのにしないといけないようで、その入力モードにするにはキーボードの「i」を押せば良いそうです。

 

「i」を押すと画面一番下に-- INSERT --って表示されると思います。

 

これで追記(編集)出来るようになりました。

 

では何を追記するのか?ネット上で色々調べると微妙にその人によって違うんですよね。

 

3種類くらい候補に入れて実際やってみたのですが最初の2つが上手くいかず最後の1つが上手くいったのでそれを紹介します。

 

追加したのは下記の2つです。

 

acl localhost src 00.00.00.000

 

via off
forwarded_for delete

 

まず上のacl localhost src 00.00.00.000の00.00.00.000は自分のIPアドレスに置き換えて下さい。

 

これは、特定のIPアドレスからだけ受け付ける設定のようです。

 

複数のIPアドレスからアクセスする場合はその分だけ必要という事ですね。

 

下のvia off forwarded_for deleteはプロキシサーバー経由だというのを隠す設定のようです。

 

それでこの2つをどこに追記するのか?

 

試しに色々な場所に追記してみましたが全て問題無かったので多分どこでもOKだと思います。

 

私は下記の場所に追記してみました。

 

ServersMan@VPS

 

ConoHa VPSでプロキシサーバーを後日立てたのですが、上記の方法では上手くいかなかったので下記のやり方に訂正します。

 

acl testacl src 00.00.00.000/32
http_access allow testacl

 

forwarded_for off
request_header_access X-Forwarded-For deny all
request_header_access Via deny all
request_header_access Cache-Control deny all

 

acl testacl src 00.00.00.000/32の00.00.00.000は自分のIPアドレスを入力して下さい。

 

追記する場所は# And finally deny all other access to this proxyの上です。

 

ServersMan@VPS

 

追記(コピペ)が終わったらキーボードのEscを押して入力モードを終了させます。

 

そして追加した情報を保存する為に「:wq」をコピペしてEnterを押します。(画面のどこでも良いので右クリックすれば最下部に「:wq」が入力されます)

 

ServersMan@VPS

 

最後に下記のコマンドを入力・エンターでsquidを起動させれば終了です。

 

service squid start

 

ServersMan@VPS

 

これでVPSサーバーの設定は完了です。

 

続いてはパソコン側の設定を説明します。

 

 

Windows10のプロキシ設定方法

現在Windows10環境しかないのでWindows10で説明していきます。

 

まずWindows10の設定を開きます。

 

設定内にあるネットワークとインターネットを開きます。

 

ServersMan@VPS

 

ネットワークとインターネットを開くと左メニューにプロキシとあるので開きます。

 

ServersMan@VPS

 

プロキシを開くと手動プロキシセットアップという項目があると思いますが、その中にあるプロキシサーバーを使うをオンにします。

 

ServersMan@VPS

 

入力する項目は2箇所です。

 

アドレスの欄にはVPSサーバーのIPアドレスを入力します。

 

その隣のポートには3128(任意で設定した場合はその番号)を入力します。

 

入力を終えたら保存ボタンをクリックして下さい。

 

これで全て完了です。

 

確認くんなどでIPアドレスが変わっているか確認して下さい。

 

 

 

如何でしたでしょうか?

 

多分難しくなかったと思います。

 

詳しい方から見たら「あれが足りねーよ!」とか「そこ違うよ!」とか意見があるかもしれませんが、とりあえずこの設定で一ヵ月ちょっと使用していますが、生のIPアドレスが漏れた事はありませんし、確認くんや診断くんで確認してもプロキシ経由だというのは隠せているので大丈夫ではないかと思っています。

 

あと、指定したIPアドレス以外からのアクセスが弾かれる事も確認出来ているので私のやりたいことは達成出来ているかと思います。

 

やる前はとてつもなく難しそうに思えましたがやってみたら意外とすんなり出来ました。

 

ただ、他のVPSサーバーで同じ環境が作れるのか?分からないので近々他のVPSサーバーにもプロキシサーバーを立ててみようと思っています。

 

その際はまた自分用のメモも兼ねてこのサイト上に手順を書き記していこうと思っています。

 

長くなりましたが最後までご覧頂きありがとうございました!