GMOクラウド VPSに初心者がプロキシサーバーを立ててみた。

GMOクラウド VPS

 

第一弾のServersMan@VPS、第二弾のConoHa VPS、第三弾のさくらのVPSに続いて今回はGMOクラウド VPSにプロキシサーバーを立ててみました。

 

GMOクラウド VPSの登録・契約方法とプロキシサーバーを立てる手順を纏めましたので最後までご覧頂けると嬉しいです。

 

 

GMOクラウド VPSとは?

まずGMOクラウド VPSには6つのプランがあるようです。

 

項目 1GBプラン 2GBプラン 4GBプラン 6GBプラン 8GBプラン 12GBプラン
初期費用 4000円
月額料金 780円〜 1280円〜 2380円〜 4580円〜 6580円〜 10480円〜
CPU 2コア 3コア 4コア 5コア 6コア 7 コア
メモリ 1GB 2GB 4GB 6GB 8GB 12GB
ディスク容量 50GB 100GB 200GB 400GB 600GB 800GB

 

今回もプロキシサーバーを立てるだけなので一番安い1GBプランにしました。

 

GMOクラウド VPSは初期費用4000円が必要ですが、15日間無料お試しがあるので今回は無料お試しを利用させてもらいました。

 

 

GMOクラウド VPSの契約方法

それではGMOクラウド VPSの契約方法を説明していきます。

 

下記のリンクボタンからGMOクラウド VPS公式ページを開きます。

 

 

GMOクラウド VPS公式を開き少し下にスクロールすると料金表があるので、契約したいプランの所にあるお申し込みボタンをクリックします。

 

GMOクラウド VPS

 

次のページから申込み手続きになりますが、まずはスペックの選択からです。

 

GMOクラウド VPS

 

契約期間

1ヵ月契約・6ヵ月契約・12ヵ月契約の中から選択します。

 

OS

CenOS、Ubuntu・Debianから選択します。(私はCenOSの一番新しいCenOS7.4にしました)

 

コントロールパネル

私の選択したプランでは選択できませんでした。

 

全ての選択が終わったら次に進むをクリックします。

 

次のページはドメインの選択ですが、私はドメインを使う予定が無いので、ドメイン名を利用しないでIPアドレスを利用する。を選択しました。

 

GMOクラウド VPS

 

選択が終わったら次に進むをクリックします。

 

続いては名前や住所などの個人情報入力画面になります。

 

ご自身の情報を入力して下さい。(画面全体でコピペできません)

 

GMOクラウド VPS

 

全ての入力が終わったら次に進むをクリックします。

 

次のページはお支払い情報の入力になります。

 

GMOクラウド VPS

 

お支払方法

クレジットカードか銀行振込を選択します。(銀行振込を選択しても15日間無料お試しは利用できるようです)

 

請求書送付

請求書の送付が必要な方は希望するを選択して下さい。(銀行振込を選択した場合のみ)

 

BPコード

空欄で構いません。

 

キャンペーンコード

空欄で構いません。

 

入力が終わったら次に進むをクリックします。

 

次のページは電話認証画面になります。

 

GMOクラウド VPS

 

電話認証を開始するをクリックすると、先程入力した電話番号に認証コードを知らせる自動音声の電話が掛かって来るので、そのコードを次の画面で入力して下さい。

 

これで申し込み手続きは完了となります。

 

次に登録したメールアドレスを確認します。

 

GMOクラウド VPSマイページのURLとユーザーID、パスワードが記載されたメールが届いていると思うのでマイページにログインして下さい。

 

GMOクラウド VPS

 

ログインすると下記画像の画面になると思います。

 

GMOクラウド VPS

 

赤で囲った箇所が恐らくOFFになっている筈なのでONをクリックして下さい。

 

次にマイページ上部メニューのVPSコンソールを開きます。

 

GMOクラウド VPS

 

VPSコンソールを開くと下記画面になりますが、赤で囲った箇所がONになるのを待ちます。(RUNNINGになってると思います)

 

GMOクラウド VPS

 

暫くするとONに変わるので契約一覧にあるカラフルなアイコンを右下にあるサーバー情報にドラッグします。

 

GMOクラウド VPS

 

ドラッグすると、サーバー情報が現れるので、その中にあるIPアドレスとパスワードを使ってプロキシサーバーを立てていきます。

 

GMOクラウド VPS

 

 

GMOクラウド VPSでプロキシサーバーを立てる

今回もTera Termを使って作業を行なっていきます。

 

Tera Termのダウンロードはこちらから

 

ダウンロード・インストールが終わるとデスクトップ上にTera Termのアイコンが現れるので起動します。

 

さくらのVPS

 

起動すると上記画像の画面になります。

 

入力が必要なのはホストだけ。

 

ホストには割り当てられたIPアドレスを入力します。

 

IPアドレスは先程のVPSコンソールサーバー情報で確認した通りです。

 

IPアドレスを入力したらOKをクリックします。OKをクリックすると下記画面が現れます。

 

GMOクラウド VPS

 

ここで入力が必要なのは2箇所、ユーザ名パスフレーズ

 

ユーザ名にrootを入力、パスフレーズには先程のVPSコンソールサーバー情報で確認したパスワードを入力します。

 

入力したらOKをクリックして下さい。

 

ログインが成功すると下記のような画面になります。

 

GMOクラウド VPS

 

まずこの画面でsquidというものをインストールします。

 

yum -y install squid

 

このコマンドをコピーして右クリックで貼り付け→Enterでインストールが開始されます。

 

数秒でインストールが完了します。(終わるとComplete!と表示されます。)

 

squid.confの編集(追記)

次に下記をコピーして右クリック→Enterを押します。

 

vi /etc/squid/squid.conf

 

すると下記の画面になります。

 

GMOクラウド VPS

 

この画面内に必要情報を追記していきますが、初めての方は編集の仕方が分からないと思います。

 

ただクリックしてキーボード叩いたりコピペは出来ないんです。

 

編集するには入力モードっていうのにしないといけないので、キーボードの「i」を押します。

 

「i」を押すと画面一番下に-- INSERT --って表示されると思います。

 

これで追記(編集)出来るようになりましたので下記を追記します。

 

acl testacl src 00.00.00.000/32
http_access allow testacl

 

forwarded_for off
request_header_access X-Forwarded-For deny all
request_header_access Via deny all
request_header_access Cache-Control deny all

 

acl testacl src 00.00.00.000/32の00.00.00.000は自分のIPアドレスを入力して下さい。

 

これは、特定のIPアドレスからだけ受け付ける設定のようです。

 

複数のIPアドレスからアクセスする場合はその分だけ必要という事ですね。

 

これをどこに追記するのかですが、私は下記に追記しました。

 

GMOクラウド VPS

 

# And finally deny all other access to this proxyの上です。

 

追記(コピペ)が終わったらキーボードのEscを押して入力モードを終了させます。

 

そして追加した情報を保存する為に「:wq」をコピペしてEnterを押します。(画面のどこでも良いので右クリックすれば最下部に「:wq」が入力されます)

 

GMOクラウド VPS

 

次に下記のコマンドを入力・エンターでsquidを起動させます。

 

systemctl start squid

 

ファイアウォール設定(ポート開放)

ファイアウォールの設定でポートを開放しないとダメみたいなのでポートを開放します。

 

やり方ですが、まず最初にファイアーウォールを起動します。

 

systemctl start firewalld.service

 

次にファイアーウォールの自動起動を設定します。

 

systemctl enable firewalld.service

 

続いてポートを開放します。

 

firewall-cmd --zone=public --add-port=3128/tcp --permanent

 

これはポート3128を開放しますという意味です。(squid.confで3128以外のポート番号を指定した場合はそのポート番号を開放して下さい)

 

次に下記のコマンドを入力してファイアウォールをリロードします。

 

firewall-cmd --reload

 

あとはパソコン側にプロキシの設定をしてあげれば完了です。

 

Windows10のプロキシ設定方法はこちらで説明しているので分からない方は参考にして下さい。

 

 

GMOクラウド VPSのプロキシサーバーまとめ

今回は4回目にして初めて何の問題もなくスムーズにプロキシサーバーを立てる事ができました。

 

ただ、やっぱりサーバー会社によって微妙に違うんですね。

 

今回のGMOクラウド VPSや前回のさくらのVPSのようにファイアーウォールの起動設定(systemctl start firewalld.service)をしないといけないサーバーもあれば、ServersMan@VPSConoHa VPSのように最初からファイアーウォールが起動しているサーバーもあるのがイマイチ分からないです・・。

 

まぁファイアーウォールが起動していない状態でポートの開放をしようとするとエラーメッセージが出るので「あぁこのサーバーは自分でファイアーウォールの起動設定しないといけないんだな」っていうのは分かるようになったので問題はないですけど。

 

今回ご紹介したGMOクラウド VPSは初期費用は掛かりますが月額料金もそれ程高くないので利用してみては如何でしょうか?

 

15日間無料お試しもできるので気になっている方は一度使ってみて下さい!

 

最後までご覧頂きありがとうございました!